週末起業で名刺デザイン、WEBグラフィックを制作しております。

 

————————————————
福原みのり

1986年9月生まれ

デザイナー歴7年目。
平日は建設業界で会社員をしながら、
週末起業で名刺や、Facebookやブログのヘッダー制作などを手がける。
“世界観が伝わる” “一目で恋に落ちる”デザインとして、多くの起業家に支持される。
活動拠点は主に千葉・東京。
ワークライフバランスの実現が難しいと言われる建設業界で働きながら、
2016年9月より「キラプロ週末起業塾」にて本格的に週末起業を開始。

不妊治療、テレワークへの挑戦、離婚、正社員への復帰を経て、
本業でもやりがいのある仕事を任せてもらいながら、
好きな仕事でイキイキと働く毎日を現在進行中。

————————————————

 

お茶の水女子大学に推薦で入学するも、
リーマンショックの影響で内定ゼロのまま卒業式を迎える。

袴姿で面接の電話をかけまくっていたあの1日は、忘れられません。

 

泣く泣く拾ってもらった小さな設計事務所で働きながら、

内装デザインとグラフィックデザインの夜間学校で学び、

そこから4年間、チラシやセミナー資料のデザインを手がけてきました。

 

* * * * *
その後転職し、建設業界でデザイナーとして働き始めて3年。

深夜に帰宅し「申し訳ない・・・」という気持ちでドアを開け、

食事もとらずにソファで寝落ちしている夫を見続ける日々の中、
自身もストレスで体調を崩し、生理の出血が止まらなくなり婦人科に通院、

排卵障害不妊症と診断されます。

こんなはずじゃなかった。

やりたいことを仕事にして幸せになりたかったのに、

結婚生活もままならない。親に孫の顔すら見せられない。
「私、幸せじゃないかも?」と思ってしまった2016年4月。

 

仕事もしたい。

プライベートも充実させたい。

 

全部叶えるのって、そんなにワガママなことなのかしら?

 

と悩みながらネットサーフィンしてたどり着いたのが、

「自分の仕事を持つこと(=副業)」でした。

会社を辞めるか、働き方を変えるか、悩みに悩みながら、
2016年9月より、「キラプロ週末起業塾」をきっかけに本格的に副業を始めました。

2017年4月には会社で初めてのテレワーク・時短勤務を実現し、
会社員を続けながら、週末起業活動を継続。
会社員を辞めようと思って始めた副業が図らずも本業で活かされ始め、
今は「辞めずに、会社をもっと良くするために働き続けたい!」

と言う気持ちに変わりました。

 

現在は広報、総務経理、営業アシスタントとして
幅広く会社の中での役割を求められ、会社でも充実した日々を過ごしています。

 

会社で求められることも増えて、
でも結婚や出産を考えると頭を抱えてしまう
30代を目前にした女性たちがとても多い現状。
働き続けたい、でも自分のことも大事にしたい。
会社での仕事のやりがいを保ちつつ、
”自分の時間”や”家族の時間”を持てたら、
きっと世の中はもっとHAPPYになるはず!

そんな女性たちの励ましになればいいな、と思って活動しています。
どうぞよろしくお願いいたします。